Theドライアイ
お問い合わせリンクTheドライアイ

ドライアイの症状

ドライアイの初期症状としては目の違和感や、疲れを感じる程度なので「寝れば治るだろう」と見過ごしがちになりやすい病気といえます。
しかし、放っておくと非常に重篤な病気に進行する可能性を持っているのです。ここでは、ドライアイの症状について解説していきます。

ドライアイの症状とは

ドライアイの症状は、主に眼球に集中して発症します。涙による眼球の保護機能不全は、眼球を制御する視神経の酷使にも繋がるためです。そのため、ドライアイを起こした目は身体の内外からの影響を強く受けることになります。ドライアイは様々な目の病気を併発する恐ろしい病気なのです。

症状の特徴

ドライアイの症状は、「不定愁訴」と言われるケースが多いのが特徴です。不定愁訴とは「患者には自覚症状が感じられても、他者が客観的に判別するため材料が乏しい」状態のことです。ドライアイは、他の目の病気と錯覚しやすい症状が現れるため判別が難しい病気の一つであるといえます。

眼精疲労

眼精疲労を起こすと「強い目の疲れ」「目の乾き」「目が重く感じる」などの、ドライアイの症状が現れやすくなります。酷くなると頭痛や吐き気を起こすこともあるため、眼精疲労を感じたら目の血行を良くして疲れを取るように勤める必要があります。

目の充血

目の充血は、白目の部分の血管が拡張することで起こる症状です。目の充血は結膜炎などのドライアイ以外の目の病気でも発生することがありますが、「目に何らかの異常が起こっている」という警告のサインなのです。

緑内障

緑内障は、眼球ではなく視神経に異常が生じて視力の低下や失明を引き起こす目の病気です。眼球内部の房水が増量して眼圧が高まることで視神経を圧迫するのが原因となって起こります。

白内障

白内障は、眼球表面の損傷が原因で水晶体の白濁を起こし視力の低下や失明に至ることがある目の病気です。ドライアイの症状である「光を眩しく感じやすくなる」は、白内障の兆候でもあるため注意が必要です。

結膜炎

結膜炎は、細菌やウィルスを原因として結膜が炎症を起こす目の病気です。ドライアイを起こすと、目を清潔に保つための涙が減少するため感染症を起こしやすくなるため結膜炎を発病しやすくなるのです。

眼球以外の場所に起こる症状

ドライアイの症状は、眼球に起こるものだけでは在りません。ドライアイは、肩こりや頭痛などの症状を伴うことがあります。これは、ドライアイの原因の一つであるVDT症候群で肩や腰が長時間の緊張状態に置かれたことで、自律神経に異常が現れて発症する症状なのです。

肩こり・腰痛

肩こりと腰痛は、多くの日本人が悩まされている持病でもあります。ドライアイをVDT症候群の症状として発病した人は、視力低下などを補うため画面に顔を近づけるなど無理な姿勢をとることが多くなるため、併発するケースが多いようです。

頭痛

ドライアイの症状として起こる頭痛は、眼精疲労から来るものと目の筋肉の疲れから来るものに分けられます。ドライアイを起こすと、目の筋肉が緊張しやすくなり神経に負担を掛けてしまいます。この神経の負担が頭痛の原因になるのです。

ドライアイ
<a href="http://thedryeye.org/" target="_blank"><img src="http://thedryeye.org/img/banner.gif" alt="ドライアイ" width="88" height="31" border="0"></a>

Theドライアイ

<a href="http://thedryeye.org/" target="_blank">Theドライアイ</a>

広告掲載