Theドライアイ
お問い合わせリンクTheドライアイ

眼精疲労

眼精疲労は、目を酷使する機会が多く、疲れやすい現代人にとって避けられない目の疾患であるといえます。
通常の疲労は休息を取れば回復しますが、眼精疲労はなかなか回復しない性質を持っているのです。眼精疲労の原因や症状、治療法などを紹介していきます。

眼精疲労とは

眼精疲労は、「極度の眼の疲れ」であるといえます。一般的に言われる「疲れ目」と似ている部分もありますが、別のものであるというべきでしょう。

症状

眼精疲労は、ただ目が疲れるというだけではなく視覚に影響を与える症状を表します。視界がぼやける「目のかすみ」や、まばたきの回数が増える「目の重さ」、白目が赤くなる「目の充血」、まぶしさを感じやすくなる「光過敏」など、症状は様々です。また、目以外にも頭痛やめまい、倦怠感や吐き気を感じることも多くなります。

原因

眼精疲労はドライアイによって引き起こされる症状の一つでもありますが、ドライアイを発症していなくてもそのほかの理由で眼精疲労が起こることがあります。

目の酷使

現代社会は、視力の良し悪しとは関係なく目を酷使する環境に置かれているといえます。テレビやインターネット、ゲームや読書などの娯楽に加え、車の運転や文書の作成など様々な場面で目を使わなければなりません。睡眠などで目に休息を与えないまま使い続けることは目の酷使につながり、眼精疲労を起こす原因となります。

眼鏡やコンタクトの不適合

低下した視力矯正のために眼鏡やコンタクトを使っている人の中には、数年間にわたって同じ眼鏡やコンタクトを使っているケースが見られます。視力低下は進行する性質を持っているため、定期的に眼鏡やコンタクトを作り直す必要があります。しかし、作り直しを怠って同じ眼鏡やコンタクトを使い続けることで目に大きな負担を掛け、眼精疲労に繋がるのです。

加齢による機能低下

人間の身体は、歳を取れば能力が衰えていきます。目は特に加齢による老化が激しい部位と言えます。機能の衰えを補うために、目の筋肉を酷使することが眼精疲労の原因になることがあります。

身体の疲労や病気

目以外の部位の疲労や病気が、眼精疲労を引き起こすことがあります。特に糖尿病などの血行に影響する病気は眼精疲労以外の目の病気に繋がることが多々あります。

眼精疲労の治療法

眼精疲労は、睡眠では回復しきらないほど重い疲労です。そのため、眼精疲労の治療では、目の周りの血行を促進して老廃物を取り除き回復を早める必要があります。ドライアイの場合は、一時間に10分程度の休息を取り目を休ませる時間を作るように心がけましょう。

マッサージ

眼精疲労に対するマッサージは、目の周りにあるツボを刺激して血行を促進し目の疲れを取り去ることを目的とします。目と目の間にある「清明」というツボや、眼窩の周辺にある「四白」「魚腰」「太陽」などのツボを指先で刺激することで効果が得られます。眼窩の周辺のツボを押す時は指が目に入らないようにタオルを掛けた上から円を描くようにして押しましょう。

温める

身体は温めることで血圧が上がり、血管が拡張されて血流量が改善されます。目の周りに適温に温めた蒸しタオルを乗せたり、シャワーを掛けたりして温めると眼精疲労に効果があります。

ドライアイ
<a href="http://thedryeye.org/" target="_blank"><img src="http://thedryeye.org/img/banner.gif" alt="ドライアイ" width="88" height="31" border="0"></a>

Theドライアイ

<a href="http://thedryeye.org/" target="_blank">Theドライアイ</a>

広告掲載