Theドライアイ
お問い合わせリンクTheドライアイ

目の充血

人間の身体に起こる不調は、何らかの病気が起こっているという身体からの危険信号である場合が多々あります。
ドライアイの症状である目の充血も、そうした身体からの危険信号の一つなのです。目の充血の原因となる病気や、治療法を紹介していきます。

目の充血について

充血とは、何らかの原因で血管が拡張して血流量が増大したことによって起こる現象です。充血を起こした部位は、血流量の増大に伴い赤く変色するのが特徴です。目の充血の場合、目の病気が原因となって起こっていることがほとんどです。つまり、目の充血は病気の予兆でもあるのです。

原因

目の充血を引き起こす原因となる病気は、ドライアイをはじめとして様々にありますが特に細菌・ウィルスによる感染症が大きな原因となります。

網膜剥離・角膜剥離

目へのケガが原因で起こる網膜剥離や角膜剥離は目の充血の原因にもなります。目に打撲などが起こると、眼球表面の角膜や眼球内部の網膜に傷が付いて剥がれやすくなります。網膜剥離は適切な治療を行なわないと失明を引き起こすことがあります。角膜剥離の場合、目に強い痛みを伴うだけでなく再発性が非常に高いのです。

結膜炎

まぶたと眼球を繋いでいる結膜に細菌やウィルスが入り込むことで発生する結膜炎は、目の充血の主な原因になっています。結膜炎を原因として起こる目の充血には「結膜性充血」という呼び方があるほどです。

ブドウ膜炎

ブドウ膜炎は、黒目の部分にあるブドウ膜に炎症が起こる目の病気です。ブドウ膜炎で起こる目の充血は「毛様充血」と呼ばれ、細い毛のような充血が見られるのが特徴です。ブドウ膜炎もそれ自体が単独の病気ではなく、結核などの病気の症状として発生する病気であるという特徴があります。

眼精疲労

目の酷使を原因として発生する眼精疲労も、目の充血の原因となります。目を酷使するということは、目の細胞がたくさんの酸素と栄養を求めている状態になるということでもあるので、目の血管が拡張されやすくなり目の充血を引き起こすのです。

目の充血の治療法

ドライアイによる目の充血は、眼精疲労や結膜炎を原因としている場合がほとんどです。原因となっている病気に応じた治療を行なうことで、目の充血は改善されます。

結膜炎の治療

結膜炎は、原因となっている細菌やウィルスに合わせた抗生物質を含んだ点眼薬の投与を処方されたスケジュール通りに行なうことで治療できます。治療期間が長引きやすいのがデメリットといえますが、医師の指示通りに点眼を行なえば必ず治ります。

眼精疲労の治療

眼精疲労が原因の場合、血管の拡張と収縮を行なうことで目の充血は改善されます。充血の場合、目のマッサージよりも目の周りを温める治療に加えて目の周りを冷やす治療を行ないます。濡らしたタオルやシート状冷却剤などを目の周りに当てて数分間冷やすと、血管が収縮して充血が改善されます。目の周りを温める治療と交互に行なえば、血行が改善される効果と血管が収縮される効果を同時に受けることが出来ます。

ドライアイ
<a href="http://thedryeye.org/" target="_blank"><img src="http://thedryeye.org/img/banner.gif" alt="ドライアイ" width="88" height="31" border="0"></a>

Theドライアイ

<a href="http://thedryeye.org/" target="_blank">Theドライアイ</a>

広告掲載