Theドライアイ
お問い合わせリンクTheドライアイ

結膜炎

ドライアイが「乾性角結膜炎」とも呼ばれていることからもドライアイと結膜炎は不可分の関係にあるといえます。結膜炎は様々な細菌やウィルスを原因として発病するため、私たちにとっては非常に身近な目の病気と言えます。結膜炎の原因や症状、治療法などを解説していきます。

結膜炎とは

結膜炎は、まぶたと眼球が繋がっている部分である結膜に細菌やウィルスが侵入することで起こる感染症です。目の充血を伴うのが特徴で、原因となる細菌やウィルスによって分類されます。結膜炎は他人にうつるので、発病した場合は数日間学校を休まなければならないことになっています。

原因

結膜炎の原因となるのは細菌やウィルスですが、感染しても発病しない場合があります。身体の免疫力が弱い子供や抵抗力が落ちている時に発病しやすくなります。また、花粉症などのアレルギー症状でも結膜炎が起こります。ドライアイを起こしていると、結膜炎にかかる可能性が非常に高まります。普段、眼球は涙に含まれるリゾチームという抗菌作用のある物質で免疫機能を働かせていますが、ドライアイで涙の量が減少すると眼球や結膜の免疫機能が低下してしまいます。そのため、ドライアイを発病していると結膜炎を起こしやすくなるのです。ドライアイの別名である「乾性角結膜炎」には、「乾燥で角膜と結膜に炎症が起こる」という意味があります。

分類

結膜炎は原因によって分類されます。

細菌性結膜炎

細菌性結膜炎は、細菌への感染で発病する結膜炎です。原因となる細菌による分類は行なわれません。

ウィルス性結膜炎

ウィルス性結膜炎は、ウィルスへの感染で発病する結膜炎です。ウィルスの種類によって症状が異なる性質があります。主なウィルス性結膜炎としてはアデノウィルスへの感染で起こる「流行性角結膜炎」や、プール熱とも呼ばれる「咽頭結膜熱」があります。

アレルギー性結膜炎

アレルギー性結膜炎は、アレルゲンへの接触で発病する結膜炎です。花粉を原因として発症する場合、季節によって「季節性アレルギー性結膜炎」「通年性アレルギー結膜炎」に分類されます。カビや結核菌へのアレルギーで起こる「フリクテン性結膜炎」や子供に見られる「春季カタル」があります。

症状

結膜炎の主な症状は「目の充血」と「多量の目やに」「目のかゆみ、痛み」などで、目やにで目が開かなくなることがあります。慢性化すると結膜に瘢痕が生じて視力の低下を招く場合があります。ウィルス性結膜炎の場合、首のリンパ節が腫れる症状が現れることがあります。

結膜炎の治療法

結膜炎の治療は、原因となる細菌やウィルスを駆除するための抗生物質を投与する内科療法で行なわれます。主に抗生物質を含む点眼薬や内服薬が処方されます。原因となるウィルスの種類によっては抗ウィルス剤が処方されます。アレルギー性結膜炎の場合、アレルゲンとの接触を減らすことで症状を緩和させてアレルギーが収まるのを待つ治療法がとられます。患部を触れた手は感染源となるため、必ず洗浄する必要があります。

ドライアイ
<a href="http://thedryeye.org/" target="_blank"><img src="http://thedryeye.org/img/banner.gif" alt="ドライアイ" width="88" height="31" border="0"></a>

Theドライアイ

<a href="http://thedryeye.org/" target="_blank">Theドライアイ</a>

広告掲載